【ニューイングランド地区①】州の25セント硬貨のデザイン紹介  mohamoha50

州の記念コイン

米国造幣局の200周年記念コインの紹介の第13弾です。

このシリーズも残り一つとなり,北東部のニューイングランド地区を2回分けて紹介します。

今回はその1回目で3州の紹介です。

北東部(NORTHEAST):ニューイングランド地区(NEW ENGLAND)の州のコイン

バーモント州の記念コイン

VERMONT photo by LLudo on Flickr (NonCommercial use allowed)

バーモント州:VERMONT

1791年に加盟(14番目)

楓の樹液採集:collencting the sap of maple trees

キャメルズ・ハンプ山:Camel’s Hump Mountain

「Freedom and Unity」

TJ

2001年発行

楓の樹液採集:collencting the sap of maple trees

バーモント州はメープルシロップが有名です。

メープルシロップは,楓の木から樹液を集め,それらを煮詰めて作られます

コインの絵は,楓の幹から樹液をバケツに集めているところです。

メープルは,1993年にバーモント州の公式の州の味に指定されています。

Collecting Day Our 1st day at 67degrees & MHS FFA are out collecting over 2500 gallons of tree sap to make Maple Syrup. photo by LadyDragonflyCC – >;< on Flickr (Commercial use allowed)

画像は,ミシガン州で撮影されたものです。

樹液の収集は春の早い時期にされ,樹液を煮込み,蒸発させて濃縮してメープルシロップになるそうです。

最高級のシロップを作るには,約40倍の樹液が必要なのだそうです。

Vermont – Maple Syrup photo by Barry Pousman on Flickr (Commercial use allowed)

画像のメイプルシロップは,バーモント州で作られたものです。

楓の木は,広葉樹の中で最も大きく,22歳までは花が咲くことはなく,300年から400年も生長するそうです。

バーモント州は,1949年に楓の木を州の樹木に指定しています。

また,五大湖周辺がメイプルシロップの産地であり,楓の木を州の樹木に指定している州は,バーモント州以外に,ニューヨーク州,ウェストバージニア州,ウィスコンシン州があります。

キャメルズ・ハンプ山:Camel’s Hump Mountain

コインの背景には,「ラクダのこぶ」という意味の「キャメルズ・ハンプ山:Camel’s Hump」が刻まれています。

コインではよくわかりませんが、ふたつのコブを持った形をしています。

Camels Hump from Plainfield photo by Niranjan Arminius on Flickr (Commercial use allowed)

画像はコインの絵とよく似た形をしていますが,「ラクダのこぶ」と言われるとちょっと悩んでしまいます。

「Freedom and Unity」

Freedom:自由」と「Unity:団結」の意味になります。

これは,「バーモント州のモットー:the state motto」です。

バーモント州にはもう一つ,ラテン語の州のモットーもあります。

ラテン語で「ステラ・クアルタ・デシマ・フルゲト:Stella quarta decima fulgeat」と言って,和訳すると「14番目の星が明るく輝きますように」だそうです。

バーモント州は合衆国に14番目に加盟した州になります。

TJ

おそらく,コインの原版のデザイン作者である「T.ジェームス・ファーレル:T. James Ferrell」のイニシャルだと思われます。

ニューハンプシャー州の記念コイン

NEW HAMPSHIRE photo by LLudo on Flickr (NonCommercial use allowed)

ニューハンプシャー州:NEW HAMPSHIRE

1788年に加盟(9番目)

「キャノン山:Cannon Mountain」にある岩「山の老人:Old Man of the Mountain」

「OLD MAN OF THE MOUNTAIN」

「LIVE FREE OR DIE」

9つの星:9 stars

WC

2000年に発行

「OLD MAN OF THE MOUNTAIN」

「キャノン山:Cannon Mountain」にある岩「山の老人:Old Man of the Mountain」

コインの右側に描かれているのは,岩山に飛び出ている「老人の顔」です。

正確に言うと,州内北部へ抜けるハイウェー沿いの「キャノン山:Cannon Mountain」にある横から見ると老人の顔のように見える岩になります。

アメリカでは「山の老人:The Old Man of the Mountain」と呼ばれています。

今から約2千年から1万年前に氷河が北へ後退した際に形成された花崗岩になります。

高さ約120m・幅約70mの巨大なものです。

残念ながら,現在はこの岩は見ることができません

2003年5月3日に崩れ落ちてしまいました。

崩壊する前の1995年に撮影されたものがこちらです。

Old Man of the Mountain Taken years ago during a scenic drive. Sept, 1995. Before he fell apart. Scanned from 35mm prints. photo by The B’s on Flickr (Commercial use allowed)

崩壊後の 2004年に撮影されたものがこちらです。

Where the Old Man of the Mountain Used to Be, Franconia Notch, New Hampshire photo by Ken Lund on Flickr (Commercial use allowed)

「山の老人」の岩は,「ニューハンプシャー州のエンブレム:New Hampshire’s official state emblem」にもなっていただけに,とても残念です。

「LIVE FREE OR DIE」

コイン左端には,「州のモットー:New Hampshire’s state motto」が刻まれています。

意味は,「自由を,さもなくば死を」になります。

ニューハンプシャー州で最も著名な革命戦争の英雄である「ジョン・スターク将軍:John Stark」の乾杯の言葉からの引用だそうです。

9つの星:9 stars

コインの左側には,9つの星で縁取られています。

合衆国に加盟した9番目の州であることを表しています。

WC

おそらく,コインの原版のデザイン作者である「ウィリアム・カズンズ:William Cousins」のイニシャルだと思われます。

メイン州の記念コイン

MAINE photo by LLudo on Flickr (NonCommercial use allowed)

メイン州:MAINE

1820年に加盟(23番目)

ペマキッド岬の灯台:Pemaquid Point lighthouse

白松:a white pine

スクーナー船「ボウドイン」:the schooner Bowdoin

2003年に発行

ペマキッド岬の灯台:Pemaquid Point lighthouse

Pemaquid Point Lighthouse photo by Filipe Fortes on Flickr (Commercial use allowed)

コイン左に描かれているのは,ペマキッド岬に立つ灯台で,この海域で頻発していた浅瀬による海難事故を防ぐために1826年に建設されたものです。

当初の建物は1835年に建て替えられましたが,今でも現役で,人気の観光スポットになっています

メイン州には灯台が64あるそうで,その中でも観光名所である有名な灯台は上記の「ペマキッド岬の灯台」以外に2つあります。

一つは,「アラバマ州のニックネームと映画「フォレスト・ガンプ」の話 mohamoha27」で紹介した「マーシャルポイント灯台:Marshall Point Lighthouse」です。

もう一つは,「ケープエリザベス:Cape Elizabeth」にある「ポートランドヘッドライト灯台:Portland Head Light Lighthouse」です。

ジョージワシントンの指示の元で1791年に完成した州で一番歴史の古い灯台です。

灯台守の宿舎だった建物の内部が博物館になっています。

Portland Head Light Station, Cape Elizabeth, Maine photo by GPA Photo Archive on Flickr (Commercial use allowed)

白松:a white pine

白松はメイン州の公式の州の木です。

「ひまわり州」「モクレン州」「常緑樹の州」:植物由来の州ニックネームの話② mohamoha20」にて紹介しています。

Tall Pine Portsmouth Harbor taken from the Kittery side. photo by InAweofGod’sCreation on Flickr (Commercial use allowed)

画像は,メイン州のすぐ近くにあるニューハンプシャー州のポーツマス港の岸辺にある白松です。

ポーツマスと言えば,日本とロシアの間の日露戦争の講和条約が締結された場所です。

植民地時代,独立戦争に関係する州ニックネームの話 mohamoha26」で詳しく紹介しています。

スクーナー船「ヴィクトリーチャイムズ」:the schooner Victory Chimes

スクーナー:schooner」とは,帆船の種類です。

画像のように,マストが2本以上,帆を縦に張るのが特徴です。

オランダで16世紀から17世紀にかけてよく使われ,アメリカ独立戦争の時にアメリカ東海岸で発展したそうです。

The Victory Chimes photo by Swedg on Flickr (NonCommercial use allowed)

画像のスクーナー「ヴィクトリー・チャイムズ」は,1900年に建造され,3本マストスクーナーとしては唯一現存する帆船だそうです。

コインに描かれたスクーナーのモデルと言っても良いでしょう。

現在も港から港へ観光としてクルーズしているそうです。

スクーナーで有名なのがメイン州にはもう1艘あります。

メイン州の公式な州の船である「ボウドイン:the schooner Bowdoin」です。

Bowdoin photo by Paul VanDerWerf on Flickr (Commercial use allowed)

詳しくは,1987年にメイン州の「公船:the official state vessel」に指定された北極探査船です。

「ボウドイン」は,1921年にメイン州の「イーストブースベイ:East Boothbay」で建造され,その後,約30回も北極の海域を航海しました。

現在は,アメリカの「歴史的建造物:National Historic Landmark」に指定され,メイン州「カスティーヌ:Castine」にある「海事アカデミー艦隊:Maine Maritime Academy’s fleet」の一つになっています。

今回はここまでです。

今回のページの情報源は以下のとおりです。

state symbols USA
50州25セント硬貨 Wikipedia
コインと語源で旅するアメリカ50州

いよいよ次回で「州の25セント硬貨のデザイン紹介」はラストになります。

北東部のニューイングランド地区の州の2つ目を紹介していきます。

コネチカット州,ロードアイランド州,マサチューセッツ州の3州の記念コインの紹介をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました